アイドルのいない月曜日

入信しました。

物理的実体がなくても幸せになれるこの時代に2017 地獄篇

2017年ジャニーズ関連で買ってよかったものの話!
主にNEWS担がノックアウトされた、他G含むCDや円盤や雑誌企画について書きます。と、言っても昨年雑誌編まで手が回らなかったので、今回もどうなるかは分からない……。
あと2017年は下半期2回の海外旅行が響いてカツカツだったので、まだ買ってないけど早急に欲しい……具体的には給料日後に……というお前コンサートの申込はどうするんだよ的な気持ちを認めることが多くなるかと思います。また、以下多分に備忘録的です。

CD・円盤編

まずね~~~~~やっぱりNEWSのジャケ写が最高だった話をしたい!!!!NEWSのアルバムのジャケ写は4人体制以降小杉幸一さんがアートディレクションを担当されているのですが*1「NEVERLAND」、相変わらず良かったですね……。初回盤は鍵穴型に切り抜かれた観音開きの装丁、開けると通常盤には鍵穴を覗いた先の幻想的な空間がデザインされていて、パタパタしたくなる。しかもNEVERLANDへの鍵(全長10cmくらいのしっかりしたアンティーク調の鍵)が封入されているという幼女心に訴えかけてくる仕掛け。原宿でオシャレな革紐買ってハンドメイドしたよ。店の中でリュックにNEVERLANDへの鍵をつけた人を見たよ。SHIBUYA TSUTAYAで展示があったとき、NEVERLANDへの鍵で扉を開けられるコーナーがあったけど(開けるとメンバーの写真が貼ってある)、列に並んで鍵を準備するNEWS担、宗教……て感じでテンション上がった。

f:id:raaaan:20180115174519j:plain
あとジャケ写の衣装がめちゃくちゃ可愛いんですよね。多分コンサートで着たらやり過ぎでコスプレ感が強くなってしまうと思うのだけれど、なんとこのアルバムを最後にリリースがなかったことで、10ヶ月くらいずっとアー写がNEVERLANDだったのはサイコーだった。衣装は衣装で死ぬほど好きだけど、王子様衣装が見たいときはあるからさ!でもこのダークな色合い想像を絶する良さ!厨二病だからスチームパンクも大好きだし!参戦服を考えるのも楽しかったな~~~最初はエレガントな感じで考えていたのだけれど、コンサート始まったら始まったでスポーティなモチーフや迷彩柄の衣装も良くてミックスしてみたり。
楽曲も、多分これまでで一番ストーリー性のある並びだったこともあって、本当に全部フルパッケージで好きなので多分1枚NEWSのCDをおすすめするならこれにする。いやこれからどんどん超えていってほしいけど!でもやっぱり「NEVERLAND~アン・ドゥ・トロワ~EMMA」が間違いなさ過ぎて、分かりやすくおたくにウケるNEWSの新たな武器になっていきそう系、爽やかでオシャレ可愛いとにかく軽やかさがある系、独特なキメキメの世界観でよく分かんないけどサイコー系、今一番おいしいとこの盛り合わせという感じ。前菜のオードブルが超高級食材且つ芸術的な造形で、もう存分に五感フル稼働で楽しんでしまったわ……みたいな。それで行くとメインディッシュはやっぱり「BLACK FIRE」で、ご飯とお椀(トロッコ乗ってる辺りね)もらってあ~何気ない米までめちゃめちゃ美味いな……と思ったらラストに出てきたご飯のお供がおいし過ぎて気絶する……名残惜しいけどおかわりの米がもうないのでもったいないが一気に食べちゃえ~~~美味い~~~~~ていうのが「U R not alone」です。デザートはない。

ちなみに、軽やかでオシャレ可愛くキラキラしてる、つまりは爽やかにワンナイトラブキメてる楽曲が好きなので、私の楽曲大賞楽曲部門1位は「アン・ドゥ・トロワ」!ワンナイトかは分からないけれど、こんなにさっぱりしてるのに歌詞はモロで笑う。どうしようもなく潔くイケてて良い。

「EMMA」もシングルながら小杉さんらが担当されていて、これもめちゃめちゃ良い。最初に発表されたときは初回盤ABにNEWSの姿が全くなく(通常盤も小さい)EMMAと思しき女性の横顔のシルエットが全面にデザインされたものだったので、「この女誰だよ……」的な困惑もあったものの、モノとして手に取ってみるととても良い。モダンなポスターみたいな。表紙だけじゃ赤が分からないからね。衣装もまっすーが「質感にこだわった」と言っていたが、music clip見てみるとモノクロなので質感めっちゃ分かってなるほどできる。

f:id:raaaan:20180115174548j:plain
そして、17日にニューシングル「LPS」、24日にNEVERLANDのBlu-ray&DVDがリリースされますね!!!!!
「LPS」はLove Peace Smileの略、最高にピースフルで夜明け前にぴったり!カップリングは「NEWSICAL」、これは以下のサイトを見たりして感じてくれ。簡単に言うとフジテレビのNEWS15周年を盛り上げようという気持ちが強過ぎて困惑する。

NEWSICAL - フジテレビ

ジャケ写もまた素敵だから!まっすーが一瞬黒髪にした時期に撮っていてリア恋待ったなしという感じ……。あと助かるポイントとしては、初回盤Bに「Represent NEWS Mix」として6人体制以前の楽曲のセルフカバーが収録されていて、「EMMA」では「さくらガール」「I・ZA・NA・I・ZU・KI」、「LPS」には「チェリッシュ」「真冬のナガレボシ」が入っています!8人時代の音源しかないて不便だったからね。脱退したメンバーの歌割だったところを4人で割っただけでなくて、ハモりを増やしたりと現在コンサートで歌われているバージョンとかなり違ってきているものも多いし、今後も今のメンバー構成に合わせてリメイクされていったら楽しいと思っているので、全曲カバーは難しいにしろ、コンサートなどでよく歌われる楽曲に関してはどんどん収録してほしい。

NEVERLAND(初回盤)

NEVERLAND(初回盤)

 


次、Sexy Zoneはもはや毎回買ってるね……とりあえず初回盤は後悔したときには遅いかも知れない、何しろ今に爆売れしちゃうから……という焦りで買ってしまう……。しかもね、ポニーキャニオンさんは特典が豪華!てかそもそも撮影がロケだもんな……。ただのmusic clipとメイキングだけでなく(これは基本的に初回盤A収録)、「ROCK THA TOWN」はハワイ、「ぎゅっと」は勝浦での色々がそれぞれ初回盤Bに収録。バーベキューしている。
でもやっぱりSexy Zone presents Sexy Tour 2017~STAGE」は絶対絶対見てほしい。2017年5月オーラスの映像が9月に出てるっていう信じられないスピード感なんですけど、まずコンサートがめちゃめちゃ楽しくて、横アリは公演数が多かったこともあって気軽に1回入ったあとお譲り探してしまった。私がジャニヲタ化したときまだセク鬱が明けてなくて、友人にSexy Zoneは3人なのか5人なのか聞いてしまいタブーだから……的な反応をされたり、カラフルEyesで気になりだして、ウェルセクに行った先輩に「今Sexy Zone気になってるので次回こそコンサート行ってみたいです」と話してまだおすすめはできないと言われたり、セクガルの方のこの5周年記念コンサートへの感想を見ているとそういうことを思い出すんですが、ただただ本当に楽しいコンサートだったんですよ。この前に新作アルバム出してなかったので新しめのシングルのカップリング曲が結構多くて、まず音楽がオシャレ。音楽に関する語彙が貧しいので「オシャレ」としか言えないのがもどかしい(ジャズとか1980sとかそういう感じ……?)。ビジュアルも良い。初期曲の使い方などエモの部分も多分凄く良かったのだけれど、「各人のソロ曲を5人でやる」「キャラメル・ドリームでSNOW風演出」「私のオキテで女装」「アンコ一曲目1stコンサートと同演出でSexy Zone」みたいな、聞いただけで最高だと分かるやつが多過ぎる。ちなみに一番興奮したのは「Miss Mysterious」かな……タンクトップに金のブルゾン羽織って、光るマイクスタンド(脚はない)をステッキみたいに扱うのだけれど、ジャニーズでしか見られない美少年の最高のやつだった。なお5人で披露された「Teleportation」は元々ケンティーのソロ曲の筈なのにセクゾの曲か?てくらい馴染んでておそらく目玉の一つであり、ダンスも衣装も結構テイストの違う5人がでも作画が揃っているというか、グループなんだな……これが5周年なんだ……!という感じがやばい。これのマルチアングル欲しさに初回盤を買った。

あとはそう、「Johnny's Summer Paradise 2016」も2017年発売ですね。2016年夏にTDCホールで行われたソロコンサート(聡マリは2人だけど)の映像です。無事ゲットしました、数曲カットされているとは言え4公演分収録されているって、これは“買い”。STAGEコンのソロコーナーが大体このサマパラのエッセンスを入れた感じになっているので(そう考えてみるとちょっとKinKi Nコンに似ている)、まずSTAGEコンで5人のSexy Zoneの最強さを味わってもらって、もっとそれぞれのメンバーについても知りたい……!となったらこちらに進むと良いかも。2017年夏も開催したので、それもその内出るに違いない。だがまず2月にニューアルバム「XYZ=repainting」が出るよ!服屋のHPか?て感じのポニキャの公式サイトが最高過ぎる。リード曲の雰囲気といい、アーバン……?な感じにどんどん寄せていってるのかな。初回盤Bでは葉山・鎌倉グルメツアーもするらしい。恒例になりつつあるけどツアーもNEWSと同時期!死んでしまう。

 

ポニーキャニオンと言えばA.B.C-Zも放っておけない。こちらも2017年2月で5周年、記念シングルReboot!!!」発売時に接触イベがあると聞いて軽率に参加した結果やっぱり面白いな……という感じがしている。何しろReboot!!!の特典お渡し会ではメンバーに会うまでに長い待機列があったのだが、その間延々とこれまでの全music clipが流れていたのだ。洗脳である。何周したかは覚えていないが、帰宅してからも「Reboot!!!」初回盤Bの特典・シングルmusic clip集を延々と見ていたので当日だけで20周はしたと思う。そう、A.B.C-Zと言えば前代未聞のDVDデビュー、music clipもワンカメやストーリー仕立てのものが大半で、ダンスも派手だし見応えが凄い。単純にワンカメやばい。例えば「Never My Love」はロックハート城でロケなのだが、麓のエリアから始まって台詞を言いながら階段を上がって城の前でイントロ、入城しても上へ下へ移動しながら早着替えもこなし、ラストは玄関を開けて外に飛び出し思い切りヒキで終わる。ちなみに私が一番好きなのは「Walking on Clouds」で、これは海辺でロケなので開放感が凄い。

夏のコンサートは行けなかったのでまあまた機会があったらだな~と思っていたのだけれど、12月に出たシングル「忘年会!BOU!NEN!KAI! / 終電を超えて~Christmas Night」(両A面)が好みだった。お馴染みヒャダインさんによる「忘年会~」もアゲアゲで良いのだけれど、私が好きなのは「終電~」の方です。何が好きって電車モチーフが好き。2017年の記事では「ビルにアイドルの顔が映る演出が好き」と書いていて、それは「アイドルと都市」というテーマが私の中でとても大きいものだからなんですが、今回も正にそれ。はっしー扮するサラリーマンが、クリスマスイブなのに仕事で彼女と会えないまま終電逃しちゃった、て導入で、赤チェックの衣装(好き)にチェンジして駅のホームで踊る。(ロケ地が相鉄ゆめが丘駅で、まどマギ第8話の「あたしって、ほんとバカ……!」の駅に似てる気がして調べたけどそれは分からなかった。)後半はビルのエントランスで踊る。そもそもクリスマスソング大好きだから毎年どこかしら出してほしいくらいよ。

 

あとは「The Red Light」(KinKi Kids)を、カップリング曲が「Bonnie Butterfly」のアンサーソング(「Million Secrets Of Love」)と「Misty」のアンサーソング(「Shiny」)だと聞いて買いました。ジュエリーのCMタイアップて時点で最高過ぎて意味分かんなかったけど、隙がなさ過ぎるでしょ……。そして今度は「Topaz Love / DESTINY」を予約している(24日リリース)。既に何度か見て友人のKinKi担からレクチャーを受けているので、気分はもうリリース後なのだけれどまだだった。ベストアルバム「The BEST」も出たが、初回盤に20周年記念イベントの映像が収録されていて(しかもBlu-ray版もある)、当然良いものなのは分かるが気軽に手に取れない……と思ってまだ買えていない……とりあえず今度友人に見せてもらおうと思っている……。

アニバーサリーイヤーと言えばHey! Say! JUMP。後述しますが今勉強中なので、ベストアルバムHey! Say! JUMP 2007-2017 I/O」は手元に置いておこうと思う。早急に欲しい。

そして2017年の嫉妬大賞は「ジャム」(関ジャニ∞)!!!楽曲も「関ジャム」絡みで提供されているが、ブックレットでも多彩なアーティストとコラボしたりしているらしい。まとめてくださっている方がいらっしゃるので見てほしい(ありがとうございます!)。

タイトルで、そして2016年は「NEWSについては結局全形態買ってしまってどれも良さがあるよね~なので割愛」などと言っていたのに今回はNEWSのジャケ写が最高だった話をしている時点でお察しなのだが、私は結構モノとしてのデザイン性を重視してコンテンツを買うし、特にこの記事はそういう目線で書いている。ジャニーズに関しては原則配信がないので、どんなに気に入らないデザインでもお金を払いたかったらモノを買う必要はあるのだが、どの盤を買うのかといった判断の相当重要なウエイトを占めているのは確かである。「ジャム」は悔しいくらい良い。ウォーホルが手掛けた「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ」のバナナのジャケ写を意識しているのは間違いないが、いやそんなんポップの満点じゃん。初回盤ABは段ボールに入ってるのもジャムぽくて可愛いし。しかもこのアルバムを引っ提げてのツアー・関ジャニ's エンターテインメント ジャムのグッズも可愛い。ウォーホルのキャンベル缶みたいなジャム瓶を並べた絵柄が随所に使われていたり、Tシャツなんかもアメリカンで可愛い。夏にぴったり。というわけで早急に欲しい。

 

ジャニーズ楽曲大賞さんへの投票と一緒にまとめているので、楽曲面からも。2017年を象徴するのはやっぱり「背中越しのチャンス」(亀と山P)!年末大型歌番組の番協に入ったんですが、応援練習の際もう全ジャニヲタが踊れるんですよ。私もうろ覚えなりにサビは踊れるようになったし。「♪好きの二文字を この声で」のとき手をハート型にして頭上でドキドキさせろと指導されたんですが、めちゃめちゃ良い振付だ。アイドルに「好き!」を伝えられる仕組み、スーパーピースフルな光景だった。中々コンサートでは歌う機会もないのかなと思うけれど、例えばJr.とか軽率にやってほしい。ちなみに盛り上がると言えば、カウコンで放送前に「忘年会! BOU! NEN! KAI!」やったときも、多分初めて聴く人も多かったのにめちゃめちゃ合いの手が揃っていて楽しかった。

そしてマジで推したいのが「お疲れサンクス」(マッサージ探偵ジョー)。中丸くん主演ドラマ「マッサージ探偵ジョー」のテーマソングで、ドラマは一言で言うとギャグミステリなんですが、インドなんですよ。インド!私はチュムチュムでジャニヲタ化してますからね、インドはチェックしないわけにはいかない。 ドラマでは中丸くんがどこを見ているのか分からないシュールな真顔で踊っているので是非見てほしい。

お疲れサンクス

お疲れサンクス

 

配信限定で、試聴できる。インドはアガるな~~~~~

コンサートグッズ編

f:id:raaaan:20180115175808j:plain

またNEVERLANDからだが、いつも買うものというのはある程度決まっていて、私の場合ペンライトとパンフレットはマストである。今回のペンラは鍵型、パンフは地図柄とファンタジックな世界観に合わせたもの*2。鍵型ペンラ、マジで魔法少女のステッキ……!(光っているところが可愛いが、写真に撮ったらめっちゃ暗い)。一方でアパレル系は流行のスポーティなテイスト。どうやらトレンドのアビスブルーという、海のような深みのあるブルーを取り入れているらしいのだが、個人的に新しいパーカ欲しかったのでナイスタイミング。めっちゃ大学に着て行っている。気を抜くとスタッフ感が出てしまうので少し難しい。あとタオルが広げると旗みたいになるのも良い。そして今年も買ったよカレンダー。本当にQOL上がるので、ポスターはちょっと……派の方も是非。

セクゾは聡ちゃん考案のセクベア型ペンラ。メンカラに光るととても可愛い。それからパンフレットなどに使われているお写真がね、本当に最高。薔薇とティータイム。うちわは自担のものしか持たないと決めているのだけれど、特にケンティーのポスターが額装したいレベルで最高過ぎて、ポスターなら……いやでも……した挙句集合ポスターを買った。あと小物が幅広く作られていたが、入浴剤とか会報ケースとか、ちゃんとニーズを捉えていて良い。私がずっと使っているのはスマホリングですね。使用感が凄いので写真は控えますが、薔薇型で、リング部分に「with you」の刻印があって照れる。

大きなコンサートはこの2つしか行っていないのでグッズ編は以上。今年こそ雑誌編を書くぞ!

 

 

……で、〆たいところだが、実はJr.に手を出しまして、帝劇の舞台と冬のライブに行きました。気分としては懺悔。その話を入れたいのだが、書きだすと長くなるので詳しくはまた。今回はユメアイ・アピア*3のパンフが最高だったということだけ!

f:id:raaaan:20180114223754p:plain

f:id:raaaan:20180115174852j:plain

見てこの印刷!!!!!多数のJr.内ユニットが乱立している状況で、それぞれのユニットのカラーがちゃんと出ている誌面で良い。特にハピアイは色鮮やかな和風のモチーフがめちゃめちゃ綺麗に出ていて最高~~~~~

それから、推しているのはHiHi Jetの井上瑞稀くんなんですが、彼らはね~写真集「GALAXY BOX」が出ました!4人組のHiHi Jetと、最近一緒に組むことの多い6人組の東京B少年、計10人の現役中高生の沖縄写真集……罪に問われかねない。でも中高生の成長なんて一瞬だから、今を収めてもらえたことをちゃんと感謝しなきゃいけない……。完全にJr.に目を向けたことでドル誌の量が増えたし、次のカレンダーは東京Jr.年上組・年下組・関西Jr.で3社から分かれて出るので予約した……セクゾも香港ロケと聞いて予約した……。

あとJr.のライブに初めて行ったことで、「変形ペンラ」「個人うちわ」の重みを知る。特に私の行った湾岸LIVE*4は、狭い会場で、公式の光り物は「ライトブレス」(腕に巻く謎の装置。あまり光らない)のみ、キンブレはマナー違反、うちわ禁止、という状況だったので尚更。止むを得ずジャニショで売ってる星型のペンラを持って行ったけれども、瑞稀くんのメンカラである赤単色がないんですよ(赤と黄交互に光るやつしかない)。2017年夏のJr.コンサート・キントレ*5ではユニット名が入ったキンブレが売られていたので、現状一番使いやすいのはそれかな~と思うが、やっぱり入ってないコンサートのグッズを買うのって気が引けるというか、魂を預けられないな……と感じる。だから正直、手作りうちわ、キンブレのシートが発達する理由は分かった。Jr.のコンサートは出演人数が多い場合もあって、例えば今回赤のペンラを振っていたとて龍我くん(B少年のメンカラ赤)推しか判別つかないし。小さめので良いので個人うちわ欲しいな~~~~~

 

 

と、いう感じで2017年納税しました。

現役中高生であるHiHi Jetのメンバーは明らかに世代が下ということもあって、周りに詳しい人のいないHSJの楽曲を選曲してくるんですね。あとローラースケートが売りなのでキスマイ。この辺り全然勉強が足りないので、今年はちゃんと履修したい。

*1:

小杉幸一の仕事 (HAKUHODO ART DIRECTORS WORKS & STYLES)

小杉幸一の仕事 (HAKUHODO ART DIRECTORS WORKS & STYLES)

 

これに「QUARTETTO」が紹介されてるよ!

*2:詳しくはこれに書いた。

*3:正式名称は「JOHNNYS' YOU&ME IsLAND」「JOHNNYS' Happy New Year IsLAND」。帝劇で恒例化していて、SUMMARYにストーリーらしきものを付けたと考えてもらえれば良いと思います。

*4: (仮)。正式名称は「お台場 踊り場 土日の遊び場」で、フジテレビの湾岸スタジオの一角を改造した会場で行われた。

*5:正式名称は「~君たちが~KING'S TREASURE」で、テレ朝夏祭りSUMMER STATIONに合わせてEXシアターで行われた。